老後資金2000万円を貯められる😂?老後に向けたおすすめの資産形成の方法を紹介!

金融庁の「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書」(6月3日)が最近、話題になっています。

年金は将来目減りする事が確定しているから、不足分がだいたい平均して2,000万円必要という計算結果が出たので、金融庁が発表をしたところ大炎上しています。

夫 65 歳以上、妻 60 歳以上の夫婦のみの無職の世帯では 毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ 20~30 年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で 1,300 万円~2,000 万円になる

引用:金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書

言っていることはまともな事で、足りない分は自助努力するしかないので、どうやって2000万円貯めるのか?本当に2000万円必要なのか?に、焦点を当てて考えて行きます。

本当に老後資金は2000万円必要なのか?

生活費といっても人それぞれ違うのですが、総務省「家計調査」によると、世帯主が60歳以上、無職世帯の1ヶ月の支出は以下のようになっています。

食費68,193円
住居費14,346円
水道光熱費20,427円
家具・家事用品9,290円
被服等6,737円
保健医療費14,646円
交通・通信費26,505円
教育・教養娯楽費25,712円
こづかい6,225円
交際費25,243円
その他支出22,280円
合計239,604円

※「家計調査年報」 平成28年より引用

おそらく富裕層も含まれていることから、平均支出がかなり多いですね。

私の知り合いの年金世帯の方に聞いたところ、月間支出はもっと少なくておそらく10-15万円あたりが平均値と思います。

金融庁の計算がこの約24万円の平均支出で、5万円足りないと言っていると仮定すると、将来的にもらえる年金試算は1世帯で19万円という事になります。

リタイア後の公的年金が以下の通りですので、19万円という数字は妥当なところです。

  • 厚生年金・・・月額 約14.8万円 (平成28年厚生労働局年金局調べ)
  • 国民年金・・・月額 約 5.5万円 (平成28年厚生労働局年金局調べ)

ちなみに自分がもらえる年金額は、日本年金機構のねんきんネットで調べる事ができます。

ただこの通りにもらえる事はおそらくない事や、寿命が将来的に伸びる事を考えると、やはり月額5万円、老後資金の2000万円はないと、かなり不安な生活を送ることになりそうです。

yukigu
やはり2000万円くらいはあった方が良さそうです…

老後資金2000万円の捻出方法

次に65歳までに2000万円をどうやって貯めるかです。大きく分けて3つの方法があります。

老後資金2000万円を作る方法
  1. 退職金で補う
  2. iDeCを活用しながら、自助努力(自分で貯金して投資して運用)して貯める
  3. つみたてNISAを活用しながら、自助努力(自分で貯金して投資して運用)して貯める

これらの方法は併用ができるの、全部使ってもOKです。

これを踏まえて詳しく見て行きましょう。

退職金で補う

まず退職金で補う方法です。

2017年時点の退職金は平均で約1,600万円から2,000万円程度です。

しかしグラフを見てわかる通り、年々少なくなってきます。20年前の1997年と比べると3割くらい減少していますね。

しかもこれは無事に定年退職を迎えた場合で得られる金額です。

昨今騒がれている45歳で希望退職した場合では、金額が異なってきます。

早期退職しない限り面接が続き…「45歳以上クビ切り」横行中-yahooニュース

仮に「勤続20年以上、かつ45歳以上」の場合の退職金は以下のようになります。

勤続年数退職金
20-24年826万円
25-29年1083万円
30-34年1856万円

厚生労働省「平成25年 就労条件総合調査」より参照
これらのデータを鑑みた結果、がんばって20年間、同じ職場で働いたら退職金で1,000万円くらいはもらえそうです。

ただ退職金がほぼない企業も存在する事や、20年間も同じ職場で働く人は今後、日本では少数派になりそうです。

少なく見積もって、ここは頑張って働いたら退職金は500万円程度と思っておいた方が良いですね。

yukigu
頑張って働いたら、なんとか500万円くらいはもらえそうです

iDeCoを活用して自助努力(自分で貯金して投資して運用)して貯める

iDeCoは企業年金がある方で毎月最大12,000円、ない方で毎月最大24,000円を拠出する事が可能です。

個人型確定拠出年金「iDeCo」で選ぶべき投資信託はかなり少ない

2017年3月17日

毎月12,000円を積み立てした場合です。運用による利回りは3%と仮定しました。

※ちなみに私たちの年金を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の17年間の平均年間利回りが3.12%です。
運用実績はどのような状況ですか。ーGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)

年齢60歳までの積立総額3%運用
25歳504万円866万円
30歳432万円682万円
35歳360万円524万円

 

毎月24,000円を積み立てした場合です。運用による利回りは3%と仮定しました。

年齢60歳までの積立総額3%運用
25歳1008万円1,732万円
30歳864万円1,364万円
35歳720万円1,049万円

 

この金額に加えて、iDeCoは拠出金額によって節税ができます

以下の表は25歳、30歳、35歳から60歳まで、iDeCoを積み立てして総額の節税額をまとめた表です。収入は年収400万円(課税所得300万円)、配偶者、子供無しで計算してます。

年齢毎月1.2万円
45歳までの節税額
毎月2,4万円
60歳までの節税額
25歳58.2万円101万円
30歳43,6万円87万円
35歳29万円72万円

 

これらの結果から、

25歳の方なら
  • iDeCoを毎月24,000円積み立てれば、老後資金の9割がまかなえる
  • iDeCoを毎月12,000円積み立てれば、老後資金の半分くらいがまかなえる
30歳の方なら
  • iDeCoを毎月24,000円積み立てれば、老後資金の7割がまかなえる
  • iDeCoを毎月12,000円積み立てれば、老後資金の3,5割くらいがまかなえる
35歳の方なら
  • iDeCoを毎月24,000円積み立てれば、老後資金の半分がまかなえる
  • iDeCoを毎月24,000円積み立てれば、老後資金の3割がまかなえる

以上の事がわかりました。

yukigu
ざっくりと月の積み立て額でどれくらいの金額がまかなえるか分かりました

退職金、iDeCo受け取り時の税金

ちなみに退職金やiDeCoは受け取り時に税金がかかります。退職所得控除で税金は優遇されていますが、結構とられます。

仮にiDeCo加入期間が30年で、退職金が1,000万円、iDeCoが1,000万円で合計2,000万円もらった場合、所得税が約57万円、住民税が50万円で、合計約107万円の税金がかかります。

退職金を受け取ったとき(退職所得):国税庁

つまり老後資金2,000万円を得る場合は、税引き前で約2200万円必要になります。

yukigu
iDeCo、退職金は受け取り時の税金も含めて考える必要があります!

つみたてNISAを活用して自助努力(自分で貯金して投資して運用)して貯める

つみたてNISAは仕組みがシンプルで、おすすめの資産形成方法です

保有期間は最長20年間で運用による利益が非課税になります。つまり利益がでたら丸儲け。

仮につみたてNISAを、eMAXIS Slim先進国株式のような、先進国のインデックス投信に積み立てしたとします。

先進国株式インデックスの期待リターンは、20年で年率5.2%、30年では年率8.6%です。


出典:myINDEX

この年率は100年に1度と言われるリーマンショックの下落も含んでいるため、今後も期待できる利回りです。

年率がもっとも少ない5.2%で運用したと仮定して、2000万円貯めるのに必要な毎月の積み立て額をシミュレーションしてみました。

結果、毎月23,156円積み立てすれば、30年で2000万円が達成できそうです!


楽天証券の積立かんたんシミュレーションを使用

iDeCoとつみたてNISAを使えば老後資金は貯められる

これらの結果からiDeCoやつみたてNISAの制度を活用すれば、年齢にもよりますが毎月3万円ほど捻出できれば、老後資金2,000万円は達成できる事が分かりました。

yukigu
毎月24,000円ならなんとかなる…!

iDeCoは毎月支払った金額が控除の対象になるので、より多く貯められますが60歳まで引き出せないデメリットがあります。

つみたてNISAであれば特にデメリットは見当たらないので、老後資金に最適な運用方法はつみたてNISAと言えそうです。

老後資金が不安な肩はまず、つみたてNISAを始めてみては?

ちなみにつみたてNISAを始める場合は、楽天カードで投資信託が購入できて、楽天ポイントも付与される楽天証券が1番おすすめです。

【錬金術】楽天カードで投信積立をすると1%ポイントがもらえるサービスが開始【楽天証券】

2018年9月1日