【2018年版】12月権利確定日の株主優待おすすめランキング5選!




12月と言えば何を思いつくでしょうか。

私にとって12月と言えば株主優待とIPOいうワードが真っ先に出できます!

決算月が多い9月や3月と比べれば12月の株主優待が取得できる会社は多くないですが、結構おススメの銘柄がたくさんあります。

今回は私が厳選した優待が取得できる株をご紹介させていただきます!

12月のおススメ優待

Jトラスト(8508)・楽天ポイント2500

Jトラストはなんと楽天ポイントが2500ポイントもらえます。

楽天ポイントは今や、そのままポイントで投資も出来て買い物にも使えるので現金と同等の価値があります。

【錬金術】楽天カードで投信積立をすると1%ポイントがもらえるサービスが開始【楽天証券】

2018.09.01

注意点として優待取得のためには300株必要になるので注意です。(最低単元は100株)

Jトラストは2018年現在まで逆日歩も発生した事がない銘柄ですので、制度信用クロスを使って取得しちゃいましょう!

日本たばこ産業【JT】(2914):レトルト食品

優待は自社製品詰め合わせセット(1000円相当〜)で、主にカップラーメンやレトルト食品が入っています。

2019年の12月から保有継続年数が1年以上ないと優待を取得できないので今のうちに買っておいた方が良いです。

優待の内容は2019年12月以降より拡充しています。

保有株数 優待
100株 2,500円相当
200株 4,500円相当
1,000株 7,000円相当
2,000株 13,500円相当

よってJTはクロス取引して優待を取得するより、保有して優待と配当金を頂く方が良いです。

2018年11月現在、JTの配当金は100株で年間15,000円(予想)です。

100株持っているだけで毎年15,000円+1,000円相当(2019年12月から2500円相当)の物が送られてくるので、保有しておいて損はないです。

JTは14年間連続増配している銘柄でもありますので、ある程度安心して保有できます。

yukigu
JTは個人投資家にもかなり人気の銘柄です。

ブロードリーフ(3673):QUOカード

ブロードリーフはQUOカードが5,000円分〜もらえます。

QUOカードが優待の銘柄はたくさんありますが、ブロードリーフは優待取得費用に対してもらえる優待の価値が高いです。

ブロードリーフの株価は2018年11月現在で618円で、優待は500株保有しないといけないので618*500=309,000円必要です

30万円で5000円のQUOカードがもらえるのは結構お得です!

ただブロードリーフは2017年は初の逆日歩(100株あたり30円)が発生しているので、2018年以降はもっと増えるかもしれませんので制度信用クロスする際は要注意です。

QUOカードはヤフオクで売却するとなぜか金額以上の価格で売れたりするので換金性も高いです。

すかいらーくホールディングス(3197):優待券

すかいらーくはガストやバーミヤンなどの、すかいらーくグループで使用できる優待券がもらえます。

個人的にすかいらーく優待は、から好しをよく利用しています。おいしくて安いのでおススメです。

すかいらーくは2017年から優待拡充をして優待がかなり良くなっています。

300株保有して11,000円の商品券をもらうのが一番コストパフォーマンスが高いですね。

株数 優待価格 1株優待単価
100 3,000円 30
300 11,000円 36.67
500 18,000円 36
1,000 36,000円 36

GMOアドパートナーズ(4784):手数料現金キャッシュバック

GMOアドパートナーズは2つの優待があります。

  1. GMOクリック証券での自社株売買手数料の優遇(上限10,000円)
  2. GMOクリック証券での各種売買手数料を現金でキャッシュバック(年間6,000円)

②の優待がかなり良くて、年に数回だけ株の売買をされる方なら、株式の売買手数料を無料化できます

GMOクリック証券は実は大手のSBI証券や楽天証券よりも手数料が安いです。

株式の売買手数料も年間にすると結構多いのですが、メイン口座をGMOクリック証券に変更して優待を取得してしまえば手数料は無料ですみます

 

GMOクリック証券をはじめ、多くの方が使用されているSBI証券、楽天証券、マネックス証券は株式移管手数料が無料ですので、乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。

GMOクリック証券を使うならGMOあおぞらネット銀行を使うとさらに使い勝手が良くなります。

『GMOあおぞらネット銀行』が開業!住信SBIネット銀行の預金を超える高金利預金と為替手数料が安くて魅力的。

2018.07.27

ちなみにGMOグループの銘柄はGMOアドパートナーズ以外にも4銘柄ありますが、GMOアドパートナーズが一番安く優待を取得できます(2018年11月現在、約5万円で優待取得できます)。

証券コード名称2018/11株価キャッシュバック
金額(年間)
株価あたりの
キャッシュバック金額
4784GMO
アドパートナーズ
443600013.5
7177GMO
フィナンシャルホールディング
65960009.1
9449GMOインターネット1466100006.8
3788GMOクラウド 358560001.7
3633GMOペパボ382530000.8

優待の取得は優待タダ取りができるクロス取引を使おう

株主優待はクロス取引と言って、手数料だけで株主優待を取得できる裏技がありますので、ぜひ活用してみて下さい。

株主優待タダ取り(クロス取引・つなぎ売り)のやり方と注意点

2017.02.14
yukigu
株主優待で生活を豊かにしよう!