エポスのクレジットカード払いでつみたてNISAの投信が積み立て可能に。ポイントも貯まるかも?

丸井グループが証券会社事業へ参入し、つみたてNISA銘柄をエポスカード(クレジットカード)で購入できる仕組みを実装するとのことです。

 

おそらくですがエポスカード払いで、つみたてNISA銘柄を購入すればクレジットカードのポイントも付与されるとの事ですので、これができるならかなりお得です。

この丸井証券(仮)についてちょっと調査してみました。

Sponsored Link

丸井グループのつみたて専用証券会社

まず発表された丸井証券(仮)ですが、購入できるのは投資信託のみつみたてNISAのみ?)で、積み立て専用の証券口座との事です。

「商品は3~4種に絞り、気軽に投資できるように最低購入金額を3千~5千円で調整している」

丸井、証券事業参入へ クレジットで投信販売 – 共同通信

共同通信によると、「つみたてNISA」の商品は3~4種類に絞るとの事ですので、低コストのインデックスファンドでバランスファンドあたりが選ばれそうな気がします。

私は従来のNISA口座を保有しており、つみたてNISAの口座は開設していませんが、この丸井証券(仮)で投資信託の積み立てにポイントがつくなら検討します。

投資信託の積み立てをクレジットカード払いできてポイントが付与されるなんて最高ですからね

エポスカードは支払額によってエポスポイントが付与されますが、このエポスポイントで投資信託の購入ができる!かもしれません。

楽天証券はすでに楽天ポイントで投資信託の購入が可能です。

エポスポイント、Amazonギフト券やスターバックスカードのチャージ、ANA、JALのマイルやSKYコインへの交換など無駄なく使用できます。

 

 

エポスカードは年会費無料で海外旅行障害保険がつく

かろ王
年会費無料なのに海外旅行保険がつくの?!
yukigu
エポスカードさえ持っておけば海外旅行も安心です!

エポスカードですが、年会費無料のクレジットカードにもかかわらず海外旅行障害保険が自動でついてきます。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 

この海外旅行保険のためにエポスカードを保有しても良いレベルの内容です。

海外旅行に行った際に現地で病院に行ったり、旅行中にデジカメを壊してしまったなどトラブルも保障内容に含まれています。

日本語で案内する海外サポートデスク

また世界38都市の現地デスクで、観光に役立つ情報や緊急時の対応などを日本語で案内する海外サポートデスクもあります。

現地サポートデスクの営業時間外も、東京の海外緊急デスクが24時間、年中無休・通話料無料(※一部除く)で対応してくれるので、海外に行くときにはエポスカードは私の中で必須アイテムになっています。

コンパクトでカバンに入れて持ち運びやすい海外旅行傷害保険の利用のしおり、海外旅行ハンドブックも無料でもらえますので、エポスカードと合わせて海外に持っていけば、安心して海外旅行を楽しむことができます。

 

映画が安く見られる

エポスカードで個人的にうれしい特典ですがエポスカード経由で映画チケットを購入すると、通常より安く映画をみることができます。

映画館 料金
ユナイテッド・シネマ
シネプレックス
一般窓口料金より割引

大人1,800円→1,300円

子供1,000円→800円

イオンシネマ 一般窓口料金1,800円→1,300円

 

ETCカードの年会費が無料

エポスカードではETCカードの年間費が無料です。

つみたてNISAと海外旅行はエポスカードで

という事で丸井のつみたて証券会社というよりエポスカードの紹介になってしまいました。しかし調べれば調べるほど良いクレジットカードです。

やっぱり年会費無料なのが素敵ですよね。海外旅行に行く予定がなくてもとりあえず持っておくと急に行くことになった時も安心です。

他にもここに書ききれない特典がいっぱいあるので、これを機会にエポスカードを作ってみては?

\エポスカードの資料請求はこちらから/
エポスカード

yukigu
年会費無料のエポスカードはとりあえず作っておけば何かとお得!

 

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)