iFree S&P500インデックスファンドが登場予定!信託報酬はなんと年率0.243%!

大和証券の低コストファンドシリーズのiFreeから、ついにS%P500指数に連動する低コストインデックスファンド「iFree S&P500インデックス」が登場予定です。なんと信託報酬が年率0.243%

 

これまでS&P500を対象としたインデックスファンドで一番信託報酬が安いのは「i-mizuho米国株式インデックス(信託報酬0.57%)」でしたので、かなり最安値更新をした事になります。

 

という事で今回は「iFree S&P500インデックス」の魅力についてご紹介したいと思います。

 

iFree S&P500インデックス

 

大和証券の有価証券届出書より情報を抜粋します。

換金手数料、信託財産留保額はありません。信託報酬は年率0.243%です。

 

 

S&P500と日経平均のリターンの差

 

S&P500とはアメリカの大型株500銘柄で構成されている株価指数の事です。S&P500は、ウォーレン・バフェットが投資を推奨していることで名高いインデックス指標です。

 

S&P500に所属する企業の売上は56%が米国内からであり、44%は米国外からのものです。つまりS&P500に投資するという事はアメリカ全体に幅広く投資するという事になります。

 

歴史を振り返るとS%P500と日経平均の過去のリターン差は歴然です。しかもS&P500はNYダウよりも高パフォーマンスです。

 

【過去30年の平均年率リターン比較】

S&P500NYダウ日経平均
+ 8.6%+6.6%-0.6%

 

下のチャートの通り、長期的に見てもずっと右肩上がりですね。インデックス投資をする場合は、日本よりアメリカが投資対象として圧倒的に優位なのは歴史的に証明されています。

 

 

 

ETFと比べた時の投資信託の優位性

 

今まで米国株全体に低コストで投資しようとした場合、安く済む方法はETFを買うか個別株を買うかです。この2択の場合は、外国税控除のため確定申告をする必要がありますが、投資信託は特定口座で買えば、確定申告はしなくてOKな点が投資信託の優位性です。

 

 

S&P500のETFはバンガード・S&P500ETF(VOO)【信託報酬0.05%】やiシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)【信託報酬0.07%】と、コストではまだまだETFが優位ですが、海外ETFには以下のデメリットがあります。

海外ETFのデメリット

  • 購入手数料がかかる(短期投資には向かない)
  • 自動積立できない(購入時は毎回自分で注文しないといけない)
  • 確定申告しないと外国税控除されない(めんどくさい)
これらのデメリットを嫌って私は投資信託を選択しています。まあここは好みですね。私は個別投資もしているので、「投資信託でほったらかし」を選択しています。

 

iFree S&P500インデックスは暴落したら買う予定です

 

iFree S&P500インデックスは株価が下落したら買おうと思います。理由は現在アメリカが金融引き締めで下落する可能性が高いからです。

 

本来インデックスファンドは購入タイミングは気にしなくていいんですけどね。私はドルコスト平均法より、バリュー平均法が好みです。

 

 ドルコスト平均法バリュー平均法
投資対象同一銘柄同一銘柄
買付タイミング定時定時
投資額定額株価が下がったら増額

 

ほったらかしにできる投資信託が最高!

 

投資の最終目標は「ほったらかしで稼いでくれる」だと私は思います。

 

手間をかけるのは最初は楽しいですが、だんだん飽きてきます。特にインデックス投資は途中でやめてしまう事が一番ダメなので、投資をするのを忘れてしまうぐらい簡単な投資信託を今後も続けていこうと思います。

 

「iFree S&P500インデックス」が購入できる証券会社

SBI証券

マネックス証券

楽天証券




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)