仮想通貨取引所KuCoin(クーコイン)に今のうちに登録しておこう!日本語対応で使いやすい海外取引所です

最近、登録者が増えすぎてBinance取引所の新規登録が停止しています。

日本の取引所では購入できる仮想通貨が少ないので、他の海外取引所を探していたら第2のBinanceと言われているKuCoin(クーコイン)という取引所にたどり着きました。

日本語対応で使いやすく、手数料も安い良さげな海外取引所でしたのでご紹介させて頂きます。

Sponsored Link

仮想通貨取引所KuCoin(クーコイン)のメリット

KuCoin取引所のメリット大きく分けて5つあります。ちなみにKuCoinは取引所なのにホワイトペーパーまであります。

取引手数料が安い

Kucoinの取引手数料は0.1%とかなり安いです。

しかもKucoinは独自コイン「KCS」を保有しておくと、取引手数料が最大で30%OFFになります。

日本語対応

Binance取引所と同じように日本語対応しています。

日本語訳は完璧ではありませんが(ちょっと不自然笑)、取引には支障はないレベルです。

独自トークンKCSの配当

なんとKuCoinの独自トークンのKCSは保有していると日々のKucoinにおける手数料収入から配当形式でボーナスを受け取ることが出来ます。

配当の響きに弱い仮想通貨投資家たちは次々にKCSトークンにて投資し、わずか2週間で10倍以上の価格になりました笑。

今後、KuCoinのユーザーが増えればさらに価格は増えるでしょうね。

ちなみに配当は1日の取引所の総手数料の50%が配布されます。1/10現在で1BTC分のKCSを保有していたら日本円で約2000円ほどもらえるみたいです。

これは現在価値で月利3%に相当します。銀行預金よりよっぽど良いですね。

約70種類のアルトコインを取り扱い

KuCoinでは約70種類のアルトコインを取り扱っており、日本の取引所では購入できないコインも数多いです。

中には価格が1日で30倍になっていたりするコインもあるので、夢が広がる取引所ですね。

メールアドレスだけで登録できる

KuCoin取引所は本人確認は不要でメールアドレスだけで登録できます。

Zaifのように本人確認のハガキを待つ必要もないので、わずか5分で口座登録できます。

仮想通貨取引所KuCoin(クーコイン)のデメリット

KuCoinはBinaceと同じく板取引になります。板取引の場合は取引量が多いほど、売買がしやすくなります。

KuCoinはまだ出来て間もない取引所でまだ売買取引が少なめです。

取引量が少ないと思った価格で取引できない事が多く、せっかく多く含み益が出ても、売却したら結構減ったという事にもなります。

現在、急激にユーザーが増えているのですぐ解決する問題かもしれませんが…。

KuCoin(クーコイン)の口座登録方法

KuCoinの口座登録は今まで登録した取引所で1番簡単でした。5分で終わります。

まずはKuCoinの公式サイトへアクセスします。

右上の新規登録をクリック(ついでに言語を日本語に変えておくとスムーズです。)

メールアドレス、パスワードを入力し、『次へ』をクリック。

入力したメールアドレス宛てに認証メール送信されます。メールボックスのゴミ箱に入る場合もあるので、届かない方はゴミ箱もチェックして下さい。

こんな感じのメールが届きます。メール内にURLリンクがあるのでクリックすれば登録完了です!

私の場合は1分程度でメールが届きましたが口座登録が込んでいると時間がかかるようです。

2段階認証は忘れずに設定しよう

取引する前は必ず2段階認証をしましょう。セキュリティが高まります。

トップページ上の「設定」→「グーグル2ステップ」をクリックすると、QRコードが出ますので、「Google Authenticator」などのアプリで読み込ませます。

出来たらQRコードのバックアップもとっておきましょう。スマホが壊れたら後で手続きが大変になります。

仮想通貨取引で2段階認証アプリのバックアップは必ずやっておいた方がいいです。

2017.12.11

仮想通貨取引所KuCoinまとめ

仮想通貨取引所KuCoin(クーコイン)の登録方法とメリット&デメリットについて紹介させていただきました。

KuCoinは2017年9月に設立したばかりですが驚異的なスピードでユーザー数を伸ばしています。

操作性も分かりやすく日本の取引所では扱っていないアルトコインを多数扱っているので、これを機に口座登録しておく事をオススメします。

yukigu
KuCoin取引所はオススメです!
Sponsored Link

関連記事