メルカリでの株主優待出品が禁止行為に!売るならヤフオクかラクマがオススメです。

株主優待投資家としては厳しいニュースが発表されました。

 

ネットフリマ大手のメルカリの出品不可のアイテムに今まで「商品券」はあったのですが、株主優待券については記載がありませんでした。が、現金と同等のものとして「株主優待券」が出品禁止アイテムとして明記されていました。どうやら先月の2017年10月頃に禁止項目して加えられたようです。

 

株主優待を売却する手軽な手段としてメルカリは非常に有効な手段だっただけに残念です。今回はメルカリ以外の株主優待の売却先についてのご紹介させていただきます。

 

メルカリでの株主優待出品が禁止に

 

最近メルカリでは現金の売買が頻繁に行われていましたが、その煽りを受けてルールが厳しくなったと予想されますが、「株主優待の売買禁止」が禁止事項に追記されました

■主な違反商品

  • 現行流通している国内外の貨幣、通貨、仮想通貨
  • チャージ済みのプリペイドカード類
  • (Suica、楽天Edy、nanaco、WAONなど)
  • オンラインギフト券 (iTunesカード、Amazonギフト券など)
  • 商品券、ギフト券、株主優待券
  • クレジットカード、キャッシュカード
  • 債券、小切手、収入印紙、登記印紙
  • 宝くじ、勝馬投票券
  • 図書カード、テレホンカード、QUOカード
  • ※キャラクター・芸能人・キャンペーン当選商品など、コレクション目的とみなされるものは出品が可能です
  • その他、金銭と同じ意味を持つもの

引用:禁止されている出品物

 

今まで商品券は禁止で株主優待はOKという何とも矛盾した制度でしたので、そのうち禁止になるのではないかと推測していましたが…残念です。

 

メルカリは東証1部上場を目指しているのでこういうグレーな部分は排除するという方針なのかもしれませんね。先日メルカリ上場の延期が発表されましたので、今後も規制が多くなってくるのではないでしょうか。

 

メルカリ以外での株主優待売却先

 

メルカリ以外での株主優待売却先の候補として以下の3つの方法があります。

  1. ヤフオク
  2. ラクマ
  3. 金券ショップ

それぞれの特徴について解説させていただきます。ちなみに私はヤフオクを使う事が多いです。

 

株主優待売却先①:ヤフオク

 

往年の投資家達には1番メジャーな株主優待の売却先かもしれません。若い層にはメルカリの方が有名ですが、年齢が高い層の方々はヤフオクを使っている方が多い印象です。ユーザーも多いので売却するのに時間がかかりません。

 

メルカリより客層がいいので変な値下げ交渉が来にくいので私は好んで使用しています。

オークション形式でヤフオクを利用するにはyahooプレミアム会員になる必要があり、月額498円が必要になります。現在yahooプレミアム会員6ヶ月無料キャンペーン落札手数料9%実質無料キャンペーンを駆使する事でお得にヤフオクを利用する事ができます。

  • ヤフオクのメリット:ユーザーが多いので株主優待を早く売却できる。客層がメルカリより良い。
  • ヤフオクのデメリット:月額手数料498円が必要。出品がメルカリより少し手間がかかります。

 

株主優待売却先②:ラクマ

ラクマは楽天が提供するフリマアプリです。

販売手数料が無料ですのでメルカリより圧倒的に株主優待品を売却する事ができます。ただ、メルカリやヤフオクよりユーザー数が少ないので売却するまでに時間を要する事と、オークション形式ではないので競りによる売却価格アップは見込めません。

 

メルカリも最初は手数料無料で後で有料化したので、ラクマがいつまで無料で運営できるか分かりませんが、無料のうちはラクマはオススメです。出品の手間もメルカリと同等です。

  • ラクマのメリット:販売手数料が無料
  • ラクマのデメリット:ユーザーがまだ少ないため売却まで時間がかかる事がある。

 

株主優待売却先③:金券ショップ

 

私のように田舎に住んでいる人は金券ショップの店舗が少ないです笑。金券ショップの店舗に株主優待を持っていけば簡単に売却できます。ただヤフオクやラクマより売却価格が割安になってしまう事が多いです。

 

アクセスチケットなどネットショップでも売却できますが、送料負担しないといけない点と、送る時に買取依頼書と身分証明書が必要ですので結構メンドくさいです…。

 

  • 金券ショップのメリット:簡単早い。
  • 金券ショップのデメリット:割安な売却価格。売却に手間がかかる。

 

必要ない株主優待品は売却

 

株主優待の売却方法のご紹介をさせて頂きました。

株式投資をしていると思いもよらない優待品が送られてくる事もあります。私は以前、シュッピン(3179)という株を所用していたのですが、同店舗での5000円割引の優待券を頂きました。

ですが近所に店舗がなかったため優待を売却したのですが、3000円くらいで売却できてすごい得した気分になりました。

 

株主優待はもらった時は嬉しいですが、消費するのが結構めんどくさかったりします。昔は株主優待を使うためにわざわざ各企業の店舗に行ったりしていましたが、現在は全て売却するようにしています。売却した資金はさらに投資にまわして複利の力の恩恵をゲットしましょう!

 

yukigu
いらない株主優待は売ってしまいましょう!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です