NanoWallet(ナノウォレット)をプライベートキー(秘密鍵)から復元する方法

当ブログの読者の方から「NanoWallet(ナノウォレット)をプライベートキー(秘密鍵)から復元する方法」を頂きましたので、マニュアルを作成してみました。

 

NanoWalletはパソコンを初期復元したり、ブラウザを再インストールしたりすると、ウォレットファイル(.wltファイル)をインポートし直さないといけません。(私は以前にブラウザを再インストールし直した時、NanoWalletにログインできなくて焦った経験あります笑)

 

という事でご参考までにどうぞ。

 

NanoWallet(ナノウォレット)をプライベートキー(秘密鍵)から復元する手順

 

まず、「アカウントの作成」を選択します。

 

「プライベートキーウォレット」を選択し、以下の項目を入力します。ウォレット名とパスワードは前と違っても構いません。

 

ウォレットファイル(~.wlt)をパソコン外にバックアップ。プライベートキー(秘密鍵)をメモ帳などに保存した後、レ点チェックをして「私は全ての内容を理解し同意しました」を選択。

 

 

先ほど入力したウォレット名のウォレットファイル(.wltファイル)が作成されます。

 

 

「.wltファイル」をNanoWalletにインポート

 

バックアップ、または先ほどダウンロードした「.wilファイル」をNanoWalletにインポートします。NanoWalletのトップ画面の右上のログインを選択後、「ウォレットをインポート」を選択。

 

「ウォレットの選択」に先ほどインポートしたウォレットファイル名が表示されるので、選択してパスワードを入力で完了です。

 

 

注意点:NEMを送付する時はメッセージの入力を忘れずに

 

よくTwitterで「NEMをウォレットからコインチェックなどの仮想通貨取引所に送る時、メッセージの入力を入力していなくてNEMを紛失してしまった」というのを見かけます。

 

もしメッセージの入力を忘れてNEMを送信してしまった時は取り返す事が難しくなりますので、要注意です。

 

プライベートキー(秘密鍵)、ウォレットファイル(.wltファイル)のバックアップは忘れずに

 

という事でNanoWalletでのプライベートキー(秘密鍵)、ウォレットファイル(.wltファイル)からの復元方法のご紹介でした!

 

NEMは魅力的な投資先ですが、ウォレットに取り扱いなどは注意しないと思わぬ損失を招いてしまう事があります。(仮想通貨全般に言える事ですが…)。

 

とにかくプライベートキー(秘密鍵)の絶対にバックアップを忘れずにしましょう。

 

yukigu
プライベートキー(秘密鍵)のバックアップは忘れずに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です