サラリーマン、OLにできそうな副業について。会社にバレずに副業をする方法!

私は普段OLをやっているのですが、私の会社の人達は残業が大好きです(私は残業したくない派です)。

 

私の会社の残業が好きな人の特徴は見栄っ張りで無趣味な方達が多く、見栄っ張りだからいい家やいい車を買ってお金が無くなる→残業代で稼ぐ→無趣味だから家買ってする事もないし時間もつぶせて一石二鳥!という全く生産性のない人達が多いです笑。

 

残業代を稼ぐために残業をしてる感じですね。

 

私は残業でちまちま稼ぐくらいなら投資をするか副業で稼いだ方がいいと思うのですが、どうもそういう発想にはならないようです。

 

ロート製薬では副業容認するなど、企業が副業を認める動きが出ているようですが、世間に浸透するのはまだ時間がかかりそうですね。

 

サラリーマンが実践する投資、副業は何がいいか

給料が増える見込みが薄い現代のサラリーマンは給与収入だけで、生きていくのはリスキーな時代です。

 

そのため、他の収入先を獲得するのが当たり前の時代が来る(もう来始めてますが)と思います。しかしサラリーマンが兼業で投資や副業するのは時間が少ないので、なるべく自分以外に働いてもらう必要があります

 

20代や30代の場合は、そもそもよっぽどいい企業にはいらない限り、年収400万に行く人は意外と少ないのが現実みたいですしね。

 

つまり不労所得を手に入れるか、なるべく手間をかけずに収入先を手にいれる必要があります。
今回はOL,サラリーマンができる副収入をまとめていこうと思います。

 

1.投資信託収入

リスクが低く、投資額に対して年間3〜6%の利回りが期待できる点と、最初に設定しておけば後はほったらかしにできるのでサラリーマン向けの副収入と言えます。

 

もし仮に貯金が1億ある人が全て投資信託を買えば、それだけで年収が300〜600万となります。すごすぎる…。

 

私ならすぐに仕事をやめます笑。

 

まあ私のような庶民のサラリーマンは毎月数万円積み立てて行って複利の力で資産を増やして行くのが現実的な方法ですね。

 

2.不動産収入

不動産の所有者になって部屋を貸し、その家賃収入を得るという方法ですね。

 

私の以前の記事に書いた通り初期費用が高額で自分にはまだ無理と思ってましたが、20代で初期費用300万くらいで不動産投資をやっている人とお会いしてからは、自分でもいけるんじゃないかと最近考えたりもしてます。

 

資産家の最終ゴールは不動産投資とも言われており、副収入の王道ですので資金に余裕がある方はいいですが、やっぱり一般的なサラリーマンは少し敷居が高いと言えます。

 

資金がない方はワンルームマンション投資とかの選択肢もあります。

3.株式投資

株式を売買して配当・差益を得ることです。株式投資は手数料が多少かかるのと、セミナーを受ける等の勉強や予備知識が必要です。投資する株にもよりますがリスクは高いです。基本的にハイリスクハイリターンといえます。

 

世の中に稼いでいる人はいますが、たくさんの屍の上に成り立っているイメージです笑。
リスクを許容できるサラリーマン,OLの方はやってみるのもアリだと思います。

 

私は先日臨時収入があったので株に挑戦中です。今の所はプラスですが、年間でプラスになるかはまだ分かりません。

 

4.IPO初値売り投資収入

新規上場する会社の株の抽選に応募して、抽選に当たったらすぐに売って利益を得る投資方法です。

 

私はIPO投資を初めて一年もたってないですが、約55万くらいの利益が出ており、しかもリスクがかなり低いので一番サラリーマン向けかもしれません。詳しくは以下の記事で。オススメです。

5.外貨積み立て

SBI-FX口座を作って米ドルを自動積み立てするだけの簡単なお仕事です笑。
これも投資信託と同じくほったらかしにできるのでサラリーマン向けと言えます。

去年私は米ドルを積み立てるだけで7万円ほどの利益になりました。

積み立て額は30万ほどで積み立て期間は4ヶ月くらいでしたので、すごい効率がよかったです。

まあトランプ大統領のおかで円安になったからっていうのも大きかったですけどね。

6.ブログ収入

自分のブログ上に広告を掲載すると、クリックされた広告に応じて収入が入るというものですね。

 

Google Adsenseというサービスが有名で、自分のブログのカテゴリに合わせて自動的に最適な広告を配置してくれます。
ブログに一定のアクセスがあればある程度の収入となることから、マネー雑誌にもとりあげられるようになりました。

 

初期費用がほとんどかからないですが、手間はかかります。しかし継続すればそれなりの収入になりますので、時間があるサラリーマンはトライしてみてもいいと思います。

 

私もこの「yukigu投資ブログ」をやってますが、専門的知識はほとんどいりませんので以外と誰でもできます。

7.アフィリエイト

サイト、ブログなどで商品を紹介し、その商品が売れたら紹介料として売上の一部を収入として得ることができるというものですね。

 

なんか悪いイメージがありそうですが、普通のビジネスですね。これもブログと同じく初期費用がほとんどかからないですが、手間はかかります。こちらはブログと違って知識がないと収入に結びつきにくいです。

 

やる気、元気、時間があるサラリーマンは挑戦してみてもいいと思います。ただ9割くらいの人は稼げずにやめてしまうそうなのでサラリーマン向けではないのかもしれません。

 

8.せどり

店舗の処分品や値付けが安い商品を安く仕入れて、ヤフオクやメルカリで高く売って利益を得るという収入モデルです。

 

リスクは一番低いですが、手間がすごいかかります(やった事あります笑)のでOL,サラリーマンは気合を入れてやらないと難しいと思います。

会社にバレずに副業をする方法

 

年間に副業だけで20万円以上の稼ぎがある場合、税金を収めなくてはいけないのですが、税金を収める=住民税があがります。

 

住民税は会社の給料から天引きなので、経理の人が「あれ、この人なんか給料に対して住民税が高いな?」という感じでバレちゃうんですね。

 

ちなみにマイナンバーから副業がバレるということはないので安心してください。

 

会社にバレないためには、要するに副業で増えた分の税金を会社にわからないようにすれば良いのです。
つまり、副業分の税金だけ自分で支払えば、会社にはわかりません

 

方法としては、年末の確定申告の記入の仕方をちょっと変えるだけでOKです。
住民税・事業税に関する事項という項目に住民税の徴収方法の選択というものがあります。

 

ここは普通給与からの天引きとなっていますが、これを「自分で納付する」にすれば、副業に対する住民税は、自分で納める事になり(普通徴収といいます)会社にバレることなく税金を払うことができます。

 

ここで注意点はアルバイト(どこかに雇われて働く)の場合は、バレるので給料をもらうタイプ副業はやめておきましょう。

 

まとめ

表にしてみると、以下の様になります。

 

 
カテゴリ 拘束時間 リスク 元手
投資信託 低〜中 低〜高額
不動産 低〜長 中〜高 高額
株式投資 低〜長 中〜高 中〜高額
IPO
外貨積み立て 低〜中 低〜高額
ブログ 中〜長
アフィリエイト 中〜長
せどり

やはりこう見ると最初に投資をするのには拘束時間、リスクが少ないIPO投資が一番いいと思います。

あるブログでIPOの期待値計算をやっていたのですが、なんと期待値が年率20%だそうです。
(余談ですが私は去年、JR九州のIPOを500株当選し、初値売りしたところ、25万の利益になりました。)

 

他にも時間とやる気があるなら、リスクと元手が少ない「ブログ収入」と「アフィリエイト」は結構いいと思います。

 

あこの二つはある程度まで作るのに手間と時間はかかりますが、作り上げたものは毎月収益を生み出してくれる資産となりえます。

 

「せどり」が一番リスクが低いと思われますが、結構手間がかかるのでサラリーマンには向きにくいかもしれません。(というか私は合いませんでした…。)

 

時間がないという方はやっぱり「投資信託か外貨を自動積み立て設定してほっておく」のがいいのかもしれませんね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)