新しくできたセルフメディケーション税制で得する話

セルフメディケーション税制って聞いたことありますか?平成29年1月1日より開始される新しい節税制度です。

一言で言うと、自腹で購入する市販のロキソニン等の薬の購入費用が節税対象として新しい税制が始まります。
この制度がすごくて、うまく使えばかなりお得に節税できます。

 

対象の医薬品を年間12,000円を超える部分が所得から控除される

 

対象の医薬品の購入額が年間12000円を超える額が税金の控除対象になります。
対象の医薬品は以下の様な物で結構メジャーな薬が多いです。

 

花粉症、アレルギー薬「アレグラFX」
胃薬「ガスター10」
解熱鎮痛薬「ロキソニンS」「イブクイック頭痛薬」
風邪薬「新コンタックかぜEX」「エスタックイブ」
咳止め「新パブロン咳止め薬」
湿布「サロンパスEX」
ビタミン剤「アリナミンEXゴールド」などなど…

 

年間12000円も薬に使わないって人方々!安心してください。

生計を一にしている家族・親族は合算対象になります。

つまり家族が薬を買ったレシートを集めておけば、合わせて自分の税金を控除できちゃいます!!

例えば家族の年間の市販薬の購入総額が62,000円だった場合62,000ー12,000=50,000円が控除されます。

私の所得税率は20%ですので10000円節税できちゃいます!(年収330万~695万は所得税率20%)

これすごくないですか?

家族の薬のレシートをかき集めれば6万円くらい集まるかもしれません笑。

 

従来の医療費控除との併用はできるか?

 

さすがにこれは出来ません↓ただ従来の医療費控除は10万円以上なので、あてはまる人は少ないんじゃないでしょうか。
薬代年間12,000円以上の方があてはまる人は多そうです。

ただ世の中うまい話ばかりじゃない。デメリットもあります。

 

セルフメディケーション税制には確定申告が必要

 

確定申告…。めんどくさそうですよね。
私も一度だけ確定申告をした事がありますが、割と簡単でした。

自営業の人は何かと申告しないといけないので、めんどくさいイメージがありますが普通のOL、サラリーマンは結構簡単と思います。

マイナンバーとカードリーダーとパソコンがあれば、ネットでも出来ますしね。
一度覚えてしまえば、割と楽ですよ。

 

あくまで市販の薬を買う人がお得になる制度

 

もともと病院でロキソニン等を処方されている人は、病院で処方を受けると保険適応になるので、そっちの方が安上がりなケースが多いです。あくまで市販薬を定期的に薬局等で購入している人は、この新しい税制が大きなメリットとなると思われます。

私も頭痛持ちでロキソニンをよく買うのでこの税制で得しちゃおうと思います!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)