ロボアドバイザー投資のすゝめ。投資初心者におすすめの資産運用!

最近ロボ・アドバイザー市場が活況なようで、さまざまなサービスがリリースされてきています。

 

私は何でも体験したがりでして、一年前くらいにTHEOというロボアドバイザーに少しの期間だけ運用してみましたが、信託報酬が高い(運用手数料1%+信託報酬)のが気になりすぐやめてしまいました。

 

ロボ・アドバイザーの印象は運用手数料が高いだけの投資信託という悪いイメージしかなかったのですが、「なぜ今この市場が活況なのか?」「ひょっとしてロボアドバイザーって結構いいのかも?」など、気になったので調べてみました。

 

ご参考までにどうぞ!

 

Sponsored Link

ロボ・アドバイザーとは何か?

日経新聞によれば、コンピュータープログラムが個々の投資家の志向に応じ、最適な運用資産の配分を提案するサービス、との事です。

 

ロボ・アドバイザーの役割は投資の支援がとなります。
現在、日本のロボ・アドバイザーには2つの形態があり、ひとつは投資一任型、もうひとつは投資アドバイス型になります。

 

投資一任型

ロボ・アドバイザーの質問に答えるとポートフォリオ(金融資産の組み合わせのこと)が提示され、それに納得した場合は運用までを自動的に行ってくれるサービスです。

 

投資家自身のリスク許容度にあわせて、AIが最適なポートフォリオを組み合わせてくれます。
ロボアドバイザーによる運用手数料に加えて、投資信託の信託報酬が別途かかります

 

投資一任型の主なサービスは以下の通り。【】内は年間の運用手数料で+信託報酬がかかります。

 

  1. WealthNavi(ウェルスナビ)【1.0%】
  2. THEO(テオ)【1.0%】
  3. 楽ラップ【0.99%】

 

投資アドバイス型

 

ロボ・アドバイザーの質問に答えるとポートフォリオや金融商品が提示されますが、投資一任型とは違い、購入や運用は自分で行います

 

あくまでこちらはロボアドバイザーが助言をしてくれるのみのサービスなので、費用は投資信託の信託報酬だけで、アドバイス料は無料です。

 

投資アドバイス型の主なサービスは以下の通り。

 

  1. PORTSTAR(ポートスター)
  2. SBI ファンドロボ
  3. 投信工房

 

ロボアドバイザーのメリットは費用?

「従来、人間がやってきていた役割を機械が代替する事により、低コストで安定した金融サービスの提供が可能になる」との事です。
費用で一番かかるのは人件費ですので、人間の仕事を機械に変えてコスト削減が可能になるという狙いですね。

 

しかし!現在ロボアドバイザーにかかる費用は普通に投資信託を購入するより高めです。(年間手数料が1%前後)

 

ただ米国のロボ・アドバイザーサービスの管理報酬は0.25%前後と、かなり低い水準になっているので日本も費用が安くなる事を期待したいですね。

 

ロボ・アドバイザーのメリットとは?

ずばり金融知識がなくても安定した投資が手軽にできる点にあります。

 

投資家の運用方針は様々で、リスクを取って資産を増やしたい若者もいれば、退職金を低リスクで運用して年金の足しにしたいと考えるお年寄りもいます。
彼らはリスク許容度、運用方針がまったく異なっています

 

投資家が株を買うときに「どの株を買えばいいか分からない」「誰かに運用してほしい」という悩みを解消してくれるのが、投資信託やETFです。

 

本来、投資信託の役割は金融知識がない人がプロに運用を一任する事により、資産運用の悩みや資産管理の手間が省けるのがメリットでした。

 

しかし現在その投資信託も日本だけでも約5000本あり、まさに金融知識がなければ「どの投資信託を買えばいいか分からない」状態です。
ロボアドバイザーは、その悩みを引き受けてくれる存在だと思います。

 

簡単な質問に答えるだけで、ポートフォリオの構築、リスク運用管理、リバランスなどロボアドバイザーがやってくれるのは、金融知識がない人には大きなメリットです。

 

投資信託では自分で設定してからほったらかしできる資産運用ですが、ロボ・アドバイザーは簡単な質問に答えてからほったらかしできる資産運用なのです…!

 

おすすめのロボ・アドバイザーはWealthNavi(ウェルスナビ)

 

テオもいいんですが、おすすめはウェルスナビです。
ウェルスナビの優位点として税金の最適化(DeTAX)を自動でやってくれるところにあります。

 

金融商品はうまく税金と付き合えるとかなり得できるのですが、ウェルスナビはこの機能がある以上、テオより優位なのではないかとみています。

 

デメリットして最低投資額が100万円以上と敷居が高かったのですが、SBI証券とタッグを組んで、SBI証券の口座がある方は30万以上でウェルスナビに投資できる「WealthNavi for SBI証券」というのが始まったおかげで、投資の敷居は低くなっています。

SBI証券の口座をまだ持っていない方はこちらから→SBI証券で 口座開設

 

またウェルスナビを始めるにあたり無料で最適プランを診断できます。

WealthNavi(ウェルスナビ)で無料診断↓

 

ちなみに私がウェルスナビの無料診断のやってみた結果はこちら↓

毎月6万円の積み立てで30年後に、15%の確率で1億円に到達するそうです笑。

 

ロボアドバイザーはこれから投資を始める人におすすめ

 

投資になんとなく怖いイメージを持ってしまっている人や、全く興味がないという人が、まだまだ日本にはたくさんいます。
しかしこれからの時代、資産を自分の判断で運用していくのは必須と言える状況です。

 

そのような中、投資における「はじめの一歩」として、ロボ・アドバイザーはおすすめできるサービスだと言えますね!

Sponsored Link

関連記事