「セゾン資産の形成達人ファンド」が一番パフォーマンスが高かった話

私は現在、複数の投資信託を積立していて、どれも積み立て期間は1年半くらいです。

 

複数所有している理由はリスク分散のためですが、各投資信託のパフォーマンを比較するためでもあります。

 

投資信託は長期目線で見ないと、本当のパフォーマンスの優秀さが分かりませんが「1年半」で、どの投資信託のパフォーマンスが優秀だったのか、が気になったので調べてみました。

 

私が積立している投資信託パフォーマンス(2017年5月時点)

 

投資信託信託報酬(年率)約1年半のパフォーマンス
セゾン・グローバルバランスファンド年0.68%±0.03%12.26%
セゾン資産形成の達人ファンド年1.35%±0.2%23.99%
ひふみ投信年 1.0584%18.28%
ニッセイ外国株式インデックスファンド0.2592%13.31%
たわらノーロード 新興国株式0.5346%15.41%

 

最近なんだかんだ言って景気はいいんですね。どの投資信託も10%以上の素晴らしいパフォーマンです。

この表のパフォーマンスは、私がスポット買いした部分もあるのでドルコスト平均法の正確なパフォーマンスではありませんが…。

 

しかしセゾン資産形成の達人ファンド23%と脅威的です。この結果から、私の投資信託に対する考えに、ふと疑問が生じました。

 

信託報酬が安いインデックスファンドが本当にいいのか?

私が今まで投資信託で重視してきた要素は手数料(主に信託報酬)の低さです(とか言いながら信託報酬が高いのもありますけど…)。

 

「投資信託は長期で見た場合のリターンは平均に収束する」ので、投資信託を長期目線で見た時は、個々のパフォーマンスに差異はなく、信託報酬の大小でパフォーマンスが決まる、と思っていました。

 

敗者のゲームなどでおなじみのインデックス投資理論ですね。

 

しかし自分が保有している投資信託の成績を見て少し疑問を持ち始めました。

1番信託報酬が高い投資信託(アクティブファンド)が一番パフォーマンスがいいんです。

 

セゾン投信の2つの商品のパフォーマンス差

 

セゾン投信には2つの商品があります。

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」(以下「セゾンG」)と「セゾン資産形成の達人ファンド」(以下「セゾンS」)です。

 

セゾン投信は2017年5月でちょうど10周年を迎えており、二つの商品を最初(2007年5月)から積み立てていた場合、セゾンGは42.59%、セゾンSは100.71%というパフォーマンスになります。

 

年間平均パフォーマンスはセゾンGは4.295%、セゾンSは10.071%。セゾンSは倍ほどのパフォーマンスがあるわけですね。

 

この事は比較チャートを見ても明らかです。

赤が「セゾン資産形成の達人ファンド」
青が「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」
緑が「日本債券インデックスF(個人型年金向け)」
橙が「日経平均」になります。

(出典元:yahooファイナンス)

 

リーマンショックの後、しばらくはセゾンGを下回ってますが、2013年頃からはセゾンSがずっとパフォーマンスを上回っていますね。

 

長期的に見て1番儲かるのは「株」

 

 

この図はアメリカにおける長期の実質トータルリターンです。歴史的に見て、株式(Stocks)は債券(Bonds)やアメリカ国債(Bills)の実質トータルリターンを大きく上回っており、長期投資では債券ではなく株式に投資するべきであるという一つの根拠になってます。

 

セゾンGは株と債券が50:50、セゾンSは株100%のポートフォリオで形成されており、10年で倍のパフォーマンスの差が出るという事は、20,30年後はさらにパフォーマンスの差が出るであろう事が予測できます。

 

ポートフォリオに債券を入れると、ボラティリティ(価格変動)はおさえれますが、パフォーマンスもおさえる事になります。

 

投資信託におけるリスクとは

投資信託におけるリスクとはなんでしょうか。
私が考える投資信託におけるリスクとは、歴史から見ても「短期的な資産の下落」だけです。

 

投資信託は基本的にに長期投資をするものです。そして投資信託の目的は資産を増やす事になります。

 

目的が「長期的に資産を増やしたい」ならば、長期で一番儲かる可能性が高い「株100%」のポートフォリオを組む事がベスト、という事になります。

 

つまり株100%の「セゾン資産形成の達人ファンド」の方が長期投資に向いている、という事になります。

 

セゾン資産の形成達人ファンドは素晴らしい投資信託

 

「セゾン資産の形成達人ファンド」はいわゆるアクティブファンドです。そして6割以上のアクティブファンドが市場平均リターンを狙うインデックスファンドに負けているというのも、また事実です。

 

しかし優れているアクティブファンドがあるのも、また事実です。セゾン資産形成の達人ファンドはインデックスファンドに勝つ事ができる優れたアクティブファンドだと改めて思いました。

 

これからも続けて積み立て投資をしていきたい投資信託ですね!

\資料請求はこちらから!/


yukigu
数少ないオススメできるアクティブファンドです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)