「仮想通貨」vs 「株」稼げるのはどちらか?仮想通貨は雑所得のため税金が勝負の分かれ目!

私の最近の資産運用の多くは仮想通貨です。

どちらもリスクはあるが、大きなリターンが見込める投資対象です。

 

そこで気になるのはどちらが安定的に稼ぎやすいかです。現在の状況だけで見れば仮想通貨の方がが稼ぎやすいように見えますが、税金の関係で投資額によってリターン率が変わってきます。なんせ仮想通貨は雑所得になってしまう可能性が高いですからね。

 

そこで株と仮想通貨の稼ぎやすさに焦点を当てて考えてみました。ご参考までにどうぞ。

 

Sponsored Link

仮想通貨と株の税金

 

以前の記事にも書かせていただきましたが、仮想通貨の利益は雑所得になる可能性が高いです。

 

仮想通貨(暗号通貨)の利益にかかる税金はどれくらいかかるのか?

2017.06.06

 

【国税庁】ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

雑所得の場合、累進課税ですので以下のような税金になります。雑所得は、総所得金額として、他の所得と合算して税金が計算されます。

 

課税所得+仮想通貨の利益税率(所得税+住民税)控除額
20万以下非課税0
20万~195万円15%0
195万円~330万円20%97,500円
330万円~695万円30%427,500円
695万円~900万円33%636,000円
900万円~1,800万円43%1,536,000円
1,800万円~4,000万円50%2,796,000円
4,000万円超55%4,796,000円

 

つまり給料などの所得が300万円の人が、仮想通貨の利益100万円を得た場合は、所得税の税率が上がってしまいますので、実質的に利益が少なくなってしまいます。

 

しかも所得が上がれば当然、厚生年金や健康保険などの社会保険料も値上がりします。この税金面で仮想通貨は株と比べて不利です。

 

なんせ株はどれだけ儲かっても税金が一律約20%です。しかも分離課税ですので、健康保険などが値上がりする事もありません。儲かった額に対して約20%税金を払えばOKです。

 

しかも損益繰越ができるので、仮に去年損して今年儲かった場合は、今年の税金を減らす事もできます。

 

つまり税金面では圧倒的に株が有利です。

 

仮想通貨の優位性

 

しかし仮想通貨には儲かる期待値の高さが株より高いです。株の世界では1年で10倍上がった株が出れば上位トップ10の伸び率になりますが、仮想通貨は1ヶ月で30倍なんてザラにあります

 

この儲かる期待値が仮想通貨の1番の魅力ですね。しかし先ほど言ったように税金には気をつけないと思ったより儲かっていない事になってしまいます。

 

しかし税金さえきちんと計算できていれば仮想通貨の方が期待値が高いので、うまく利益をコントロールする事が重要となります。

 

仮想通貨で利益が出た場合の実際の手取り

 

参考に年収別の手取り収入をのせます。この表でおおよその計算ができます。仮に年収400万円の独身の方が仮想通貨で100万円の利益を出した場合は年収500万円の手取りに近くなります。

 

実際にはここに扶養控除、民間保険料の控除、ふるさと納税の控除関わってくるので参考程度にして下さい。

 

実際の手取り収入
年収200万円:年収200万円 – 社会保険料 28.4万円 – 所得税 2.78万円 – 住民税 6.31万円 = 162万円
年収300万円:年収300万円 – 社会保険料 42.7万円 – 所得税 5.57万円 – 住民税 11.9万円 = 240万円
年収400万円:年収400万円 – 社会保険料 56.9万円 – 所得税 8.56万円 – 住民税 17.9万円 = 317万円
年収500万円:年収500万円 – 社会保険料 71.1万円 – 所得税 13.9万円 – 住民税 24.4万円 = 391万円
年収600万円:年収600万円 – 社会保険料 85.3万円 – 所得税 20.5万円 – 住民税 31万円 = 463万円
年収700万円:年収700万円 – 社会保険料 99.6万円 – 所得税 31.7万円 – 住民税 38万円 = 531万円
年収800万円:年収800万円 – 社会保険料 114万円 – 所得税 46.9万円 – 住民税 45.6万円 = 594万円
年収1000万円:手取り約700万円
年収1500万円:手取り約1000万円
年収1900万円:手取り約1180万円
年収2000万円:手取り約1230万円

 

年収400万円の方が仮想通貨の利益を100万円得ても、来年に約25万円の税金(所得税、住民税、社会保険料)が増えるので、実質利益は75万円となってしまいます。

 

年収1900万円の方が仮想通貨で100万円の利益を得ても実質的には50万円の利益にしかなっていません。株の場合は年収が1900万円の人が100万円の利益を得ても実質利益は80万円です。

 

yukigu
年収が高い人は税金が大変だね!

 

投資額&年収が多い人は株が有利、投資額&年収が少ない人は仮想通貨が有利

 

以上を踏まえると投資額&年収が多い人は株が有利、投資額&年収が少ない人は仮想通貨が有利となります。

 

投資額&年収が多い人でも投資額を調整する事によって対応できます。私の場合は仮想通貨は資産の10%ほどの投資しかしていないです。仮想通貨は稼ぎやすいですが、稼げばかせぐほど税金がかかります(最大利益の55%が税金でとられます)。

 

これから仮想通貨の利益確定をする予定の方、利益によってどれだけ税金が増えるか計算してみる事をオススメいたします…。

 

yukigu
税金の計算は結構めんどくさいです…
Sponsored Link

関連記事