証券口座を開設するときの注意点!口座開設したら会社に電話が来る?

私は投資をやっている事を周りには伝えていません。
あまりいい印象をもたれる事はありませんからね。日本人は投資にはマイナスイメージを持つ人が多いです。

 

私は証券口座を10口座以上もっているのですが、口座開設する時いつも気になっている事があって、会社(自分の勤め先)の情報を記入しないといけないっていう事です。

 

「もしかして口座開設の確認の電話が来て会社にばれるかもしれない?」と思っていました。
別に悪いことをしているわけではないのですが、会社にはあまり知られたくないですよね。

 

Sponsored Link

証券口座を開設しても会社に電話はかかってこない?

 

結論から言ってまったく電話はかかって来ませんでした!

 

もし、私と同じ心配をしている方がいましたら安心して口座開設してください!
会社にばれるようなことはありません。

 

会社(勤め先)の情報を入力するのは主にインサイダー取引監査のためみたいですね。

 

私は現在、10以上の口座を開設していますが会社に電話がかかって来たことは1度もありませんので、安心してください。

 

しかし!注意する事はもうひとつあります

 

口座開設をした時に家に証券口座の名前が書かれた封筒が届くので注意

 

証券口座を申し込むとは証券会社からの筒が届きます
口座開設申込書や口座開設完了書などです。

 

その封筒に…デカデカと証券会社の名前が記載されているんですよ…。
SBI証券とか大和証券とか…。

 

私は最初一気に5口座開設したので、家に大量に証券会社から封筒が届いたので、親にバレてしまいました(実家暮らしですので笑)

 

「お前…株をはじめたのか…?」なんて親に言われてしまいます。

 

証券口座を開設する時以外も定期的に証券会社から郵便物が届きますので、投資をする時は一緒に住んでいる家族には説明しておく事をおすすめします。

 

でないと私のように投資をしている事が判明した後で説明しても、言い訳っぽくなります笑。

 

ほとんどの証券会社では口座開設・維持管理は無料

 

私が保有している証券口座は以下の通りですが、口座開設・維持管理の料金はかかりません

とりあえず口座だけ開設しておけば、IPOの当選確率アップや各証券会社の投資ツールが無料で使えるなど、投資をする上でかなりいい事づくめです。

特に楽天証券は口座を持っていれば日経新聞が無料で読めるので、これはかなりおすすめです!

 

楽天証券はで日経新聞が無料で読める

投資をするにあたり日経新聞は非常に有用です。
しかし日経新聞は高いです。新聞購読料は朝・夕刊セット版地域は、月額4,509円もします。全日版地域でも月額3,670円です。
電子版単体でも月額4,200円です。

 

しかし、なんと楽天証券の口座を開設しておけば、なんと日経新聞が無料で読めます!

実際には日経テレコン21という日本経済新聞社の新聞、雑誌などのコンテンツをネットで見られるサービスを無料で使えると言った方が正しいですね。

 

この日経テレコン21は日経新聞を含め以下の6つが見られます。

・日本経済新聞朝刊
・日本経済新聞夕刊
・日経産業新聞
・日経MJ(流通新聞)
・日経地方経済面
・日経プラスワン

はっきり言ってかなりお得ですので、とりあえず投資や経済の勉強だけしてみたいという方にもおすすめです。

 

スマホからでも見られますので通勤時間などに日経新聞が読めて便利ですよ。



 

まとめ

 

少し話がそれましたが、「証券口座を開設しても会社に電話はこない」「証券口座を開設する時は一緒に住んでいる人には説明しておいた方がいいよ」ということをお伝えしたかった次第です。

 

できれば投資をやっている事は周りには秘密にしたいんですけどね。

Sponsored Link

関連記事