TOKAIホールディングスの株主優待が凄い!格安SIMが1年間無料で年間22,560円の節約!

先日、TOKAIホールディングス(3167)が優待拡充を発表しました。

その内容が「格安 SIMの“LIBMO”の利用料 1 年間無料」というものです。これ結構すごいです。最大で年間22,560円の節約になります。

携帯電話の代金は基本的にだれでも払わないといけないものですので、これが無料になるのは本当に凄い。「月に携帯電話代1500円です」って自慢してくる人に「私は0円です」って自慢できちゃいます笑。

 

Sponsored Link

格安SIMのLIBMOとは?

 

LIBMOはドコモ系の格安SIMです。ドコモ端末のiphone,androidスマホなら大体使用できます。ちなみに私はiphone6+iijmioの格安SIMで運用してますが、これを機にLIBMOに乗り換え予定です。

 

LIBMOで使用できるスマホは以下のリンクを参照ください。

動作確認済み端末

株主優待により、1480円/月と1880円/月のプランが1年間無料になります。ちなみに1480円のプランは最初から低速通信(スマホで速度制限に引っかかっている状態)ですので、あまりオススメできません。

 

月1880円のプランなら「10分何度でも通話し放題+高速データ通信3GB」で、かなりお得です。

 

株を保有していたら来年以降もずっと無料?

 

これは公式ページに書いてなかったので、IRに問い合わせてみました。返答は

東海IR
今のところ特典優待の継続は考えていませんが、人気度合いによっては来年以降もありえます

との事でした。

 

無料ですので試しに使ってみるのもアリですね。もし気に入らなかったら解約すればOKです。1年以内に解約した場合は契約解除料9,500円が発生しますが、1年間は無料ですので解約するなら1年経過してからにしましょう。

 

ちなみに大手3キャリアみたいに自動で契約縛り延長はありませんのでご安心を。

 

TOKAIホールディングの優待+配当利回りは約27%

 

TOKAIホールディングは2017/10/25の終値時点で915円です。優待は100株でもらえますので91500円で優待取得できます。

さらに配当利回りは3.06%。これに今回の格安SIM優待で節約できる22,560円の利回りを足せば、年間約27%の利回りとなります。凄すぎます。

 

優待を発表してから株価が一気に上がってますので、乗り遅れないようにしないといけないです。ですが、決算発表予定日が10/31に控えてますので、悪い決算で株価が下落する可能性もありますのでそこは要注意です。

安全に株主優待を取得したいなら決算後ですね。

 

TOKAIホールディングの株主優待

 

TOKAIホールディングスの株主優待はQUOカード、水、お食事券など様々あります。格安SIMがいらないって方でも100株だけもっておくと何かと重宝します。配当利回りも3%となかなか良いので長期保有もアリですね。

 

TOKAIホールディングスの優待権利確定月は3月

 

TOKAIホールディングスの株主優待の権利確定月は3月です。次に取得できるのは2018/3/27(火)です。同日にTOKAIホールディングスの株を持っておけば、株主優待が取得できます。

 

クロス取引もアリですが、今回の優待拡充で人気が出て逆日歩が高額になるリスクもありますので、そこは要注意ですね。ちなみに去年の逆日歩は195円です。

 

株主優待タダ取り(クロス取引・つなぎ売り)のやり方と注意点

2017.02.14

 

TOKAIホールディングスの株をゲットしよう!

 

という事で最近で1番テンションが上がった株主優待でした笑。TOKAIホールディングの株主優待の取得方法は以下の通りです。

  1. SBI証券マネックス証券などの証券会社でTOKAIホールディングス(3167)の株を買う
  2. 権利付最終日(直近だと2018/3/27(火))までTOKAIホールディングス(3167)の株を保有(翌日に売却してもOK)
ちなみに凄い優待投資家は優待だけで生活費のほとんどをまかなっているそうです。先日行ったセミナーではかんちさんという優待投資で5億円の資産を築いた方のお話を聞いて、優待投資は楽しみながら資産を増やせる素晴らしい投資だなと感じました。

 

これかは私も優待投資も交えながら楽しんで投資ライフを送っていきたいと思います…。

yukigu
優待投資で楽しみながら投資ライフ♪
Sponsored Link

関連記事