楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)が凄すぎる!SBI証券でも積立可能に。

凄い投資信託が登場しました。その名は「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(通称:楽天VT)」です。

 

その名の通り、全世界の株式丸ごと投資できる投資信託ですが、なんと信託報酬が驚きの年0.2396%(税込)になります。

 

この投資信託の内容が驚きで、インデックス投資家に大人気海外ETFのバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)を万人向けに扱いやすくインデックスファンドに変えた素晴らしい投資信託なんです。

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンドとは

 

一言で言えば、全世界の株式に投資するバンガード・トータル・ワールド・ストックETF「VT」(管理費用:年0.11%)を日本円で購入出来るインデックスファンドです。

 

信託報酬はVTの管理費用年0.11%(税込)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの信託報酬率年0.1296%(税込)を足した年0.2396%(税込)です。

 

以下の図で解説されている通り、バンガードのETFを楽天が代わりに買っているだけですので管理コストが安いんですね。資産保全のために運用会社は別で立てています。

 

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF「VT」とは

 

VTは約8000を超える全世界の大型、中型、小型株で構成されるETFで全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーしている管理費用が激安の海外ETFです。VT1本に投資すれば、新興国から先進国まで世界中の株式市場への投資が出来るという事になります。

 

目標とするベンチマークはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスで米国が52%と半分ほどあります。

 

ちなみに米国100%がいい!って方は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」というのもあります。信託報酬約0.17%(税込)とこちらも激安です。

 

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」も「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」と同じような感じの投資信託で、こちらはVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)が日本円で購入できる投資信託になります。

 

VTを直接購入した方がコストは安いけど…

 

コストだけを見ればVTを直接購入した方が安いです。なんせ楽天がVTを代わりに買ってくれてるだけですからね。

なぜ「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」を選択するのか?それは楽だからです。

 

海外ETFを購入するには以下の手間がかかります。かなりメンドくさいです。

 

海外ETFを購入する手間

①外貨で購入しないといけないので日本円をドルなどに両替する必要がある。

②自動積立ができないので毎回購入の注文をしないといけない。

③外国税控除を受けるために確定申告が必須。

 

この手間が「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の場合、自動積立を設定しておいて後はほったらかしでOKになります。コスト差も年率0.1%くらいなので、手間を考えたら「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の方が私は絶対いいです。

 

yukigu
海外ETFは手間がかかってメンドくさいです…

 

二重課税される点、為替ヘッジがない点は注意

 

直接VTを購入している場合は確定申告により外国税額控除を行うことで、この米国課税の10%を取り戻す事ができますが、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の場合はこれを取り戻す事ができません。

 

その代わりに国内課税の20.315%の課税が繰り延べできるので、この点はかなりのメリットになります。

 

為替ヘッジもありませんが、ドルコスト平均方で積み立てる場合はそんなに気にしなくてもいいかなといったところですね。

 

今のところ3つの証券会社で購入可能です

 

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は現在、以下の3つの証券会社で購入可能です。(SBI証券は10/20からの取り扱い)

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が購入できる証券会社

SBI証券

マネックス証券

楽天証券

 

全世界に分散投資している投資信託はバランスファンドを含めたくさんあります。個人的には「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」のような株式インデックスファンドをオススメします。

 

なぜなら株は数ある金融商品で価格の上昇の期待値が一番高い事が歴史的に見ても証明されているからです。

 

 

長期で投資するなら株式に分散投資しておけば問題なしですね。債権やゴールドなどをポートフォリオに組み入れても所詮は値動きが穏やかになるだけです。負けにくい投資には株式のインデックスファンドの分散投資が最適解だと、私は考えています。

 

手間をかけずにコストを安く全世界の株式に分散投資できる「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」はかなりオススメです。ですが、出来たばかりの投資信託なので最初は様子見も大事だと思います。

yukigu
セゾン投信から乗り換えするか要検討です…



7 件のコメント

  • こんばんわ。

    最近は、一層低コストの優良インデックスファンドが出てきましたね。
    目移りします。

    セゾンのバランスファンドですが、自分は
    2年くらい積み立ててたんですけど、債券いらねぇ
    ってことで売りました。。

    仮想通貨も長期で持つとか言っときながら、24時間動いているのが気になり
    しっくりこなかったので微益で売却・・・。

    やっぱ株ですかね自分はw

    • 万蔵さん、こんにちわ!

      セゾンバランスファンドですが、私も売却検討中です笑。
      長期で持つなら債権いらないですよね…。

      仮想通貨は長期で持つには握力が必要ですよね。利益が出て幸いです。
      確定申告も面倒ですし、税金面から見ても株が金融商品としては有利ですね。
      ただ仮想通貨全体ではこれかも時価総額は増えていくと思いますので、分散投資をすれば
      結構だれでも儲かりそうな気がしてます…。

  • バランスファンドは、投資に時間をかけたくなくて、
    それでいて値動きが少ないのでゆっくりとコツコツと
    老後資産を作りたい人向けですね。値動きがマイルド過ぎだなと保有して感じました。

    yukiguさんは年齢も若く、ガンガン取引&セミリタイア目標なので
    バランスファンドは違和感を感じますね(笑)
    リスク許容度もかなりあると見てますので。

    年齢が上がってきて債券を入れたくなったら
    個別に買ったほうが調整もしやすくコスト面でもいいかなと。。

    • 投資信託は基本的にほったらかしなので、バランスファンドの積み立ても考えなしにほったらかしてました笑。

      たしかにセミリタイアを目指しているのにバランスファンドはかなり違和感ありますね。万蔵さんのおかげで売却の決心がつきました!
      変わりに「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」か「iFree S&P500インデックスファンド」あたりをポートフォリオにいれてみようと思います。

      しかし万蔵さんの投信のポートフォリオはシンプルでいいですね…。私もマネしたいのですが、いろいろ目移りしちゃいます↓

  • 決心がついたようで!

    まあ保有しているバランスファンドは資産の一部でしょうから、
    資産割合からしたら債券は少ないですよね。

    ただそれでもそのお金を株などの資産に回したらもっとリターンがあったかもと思うと
    個人的にはかなり気になりますのでw

    生活防衛資金も1年とか2年とか必要ないと思ってますから。
    (独身だから言えることかもしれませんが…)

    投信はパッケージ商品で一つでもかなり分散されているので
    保有を多くすればさらに分散されてパフォーマンスが散るかなと思い、
    少なくしてます。資産配分等の管理もめんどそうですし。。

    あと色々手を出して売り買いを多くすればそれだけコストもかかりますしね。

    ただ自分も目移りしてますよw
    ホントいい投信増えましたから。

    • なるほどー。
      私はとりあえずいいと思ったらやってみる思考なので…投信が増えていきます笑

      万蔵さん投資も順調そうですし、新しい投資ブログも順調に更新されているようですし、頑張って下さい!

  • yukiguさんくらいの保有数は全然ありだと思いますよ。
    何十種類も保有している人がたまにいますが、あれば多すぎかなと。

    ありがとうございます。
    今は相場環境のおかげだと思いますが、投資もブログも
    退場しないよう頑張ります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)