【SBI証券】米国株を外貨決済するためのお得な米ドル購入法。

どうもyukiguです。

今年のNISA枠は米国株を買う事に決めて、最近ちまちまドルを買っています。

SBI証券では、外国株を購入する際に円貨決済か外貨決済を選択できますが、コストを考えると外貨決済での購入した方が絶対お得です。

今回はSBI証券での外国株の外貨決済のメリット・デメリット、お得な米ドル購入方法についてご紹介させていただきます。

Sponsored Link

外国株購入の円貨決済と外貨決済

SBI証券では外国株を購入する場合、円貨決済外貨決済か選択できます。

これはSBI証券に入金されている日本円で株を買うか、外貨(ドル)で決済するかを選べるわけですね。

でこの2つの決済方法は以下のメリット・デメリットがあります。

円貨決済のメリットデメリット

円貨決済のメリットデメリット
  • 購入に手間がかからない(円をドルに替える手間がいらない)
  • 簡単に為替変動リスクヘッジ(リスク回避)ができる
  • 手数料(スプレッド)が高い

円貨決済は外国株を購入する際に証券会社の指定レートで外貨を自動売買してくれるので、事前に外貨を準備しておく必要がないです。

つまり外国株を購入する際の『①外貨を購入する→②外国株を購入す】の①の工程を証券会社が代わりにやってくれます。

手間がかからないので魅力的ですが、外貨決済より手数料が高くなるので、あまりオススメできません。

株を購入する毎に、その時のドルのレートで購入するのでドル購入の時間分散ができます。つまり為替の変動リスクをヘッジ(回避)する事ができるんですね。

外貨決済のメリットデメリット

外貨決済のメリットデメリット
  • 手数料(スプレッド)が安い
  • 為替変動リスクがある
  • 手間がかかる(ドルを購入する手間が増える)

外貨決済は事前に外貨を準備しておく必要があります。

ドルを購入する手間が増えますが、円貨決済と比べて手数料(スプレッド)が安く設定されているのでお得です。

また外貨決済には「ドルを買ってから株を買うまでにドルの価値が下がるかもしれない」といった為替変動リスクがあるのも特徴です。

あらかじめドルが安い時に買っておけば問題ないですが…。

かろ王
外貨決済の方が外国株を安く買えるんだね!
yukigu
ただ購入したドルの価値が下がる可能性もあるので、なるべく安い時にドルを買っておくのが大事です。

お得な米ドルの購入方法

外貨決済で使用できる米ドルの購入先としてSBI証券のMMF、住信SBIネット銀行、SBI FX α(積立てFX)の3つがあります。

  スプレッド 買付手数 最低買付
SBI証券のMMF 25銭 なし 5000円
住信SBIネット銀行 4銭 なし 1ドル
SBI FX α 0.5銭 なし 1万ドル単位

 

1ドルあたりの単価が1番安く購入できるのが『SBI FX a』ですが、最低購入が1万ドルからです。

一気にドルを購入するつもりなら問題ないですが、少額でドルを購入したいなら『住信SBIネット銀行』がオススメです。

住信SBIでは積立購入できるので、ドルコスト平均法で少しずつ積み立てていくのも良いですね。SBI証券でもドル購入できますが手数料が高いです。

住信SBIネット銀行で購入した外貨(ドル)は無料でSBI証券に送金できる

住信SBIネット銀行で購入したドルは、SBI証券にリアルタイムでいつでも入出金ができます。もちろん手数料は無料。

・SBI証券口座への入金

利用可能金融機関

住信SBIネット銀行

振込手数料

無料(SBI 証券負担)

入金時間(買付余力への反映のタイミング)

リアルタイム

ご利用可能時間

24時間(毎営業日19:00~19:30のメンテナンス時間を除く)

ご利用可能なお客様

住信SBIネット銀行の外貨口座及びSBI 証券の外貨建口座を保有されているお客様

利用可能通貨(7通貨)

米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドル、南アフリカランド、香港ドル

入金最小単位

最低10通貨単位以上、1/100通貨単位ごと
(例:米ドルの場合 10ドル以上1セント単位)

1回あたり入金最大単位

100万通貨単位:米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドル
1,000万通貨単位:南アフリカランド、香港ドル

・住信SBIネット銀行 外貨預金口座への出金

振込手数料

無料(SBI 証券負担)

入金時間(買付余力への反映のタイミング)

15:00までに受付いたしました出金指示については、翌銀行営業日にお客様が登録された住信SBIネット銀行の口座へお振込
(15:00以降に受付いたしました出金指示については、翌々銀行営業日のお振込)

ご利用可能時間

24時間(毎営業日19:00~19:30のメンテナンス時間を除く)

ご利用可能なお客様

住信SBIネット銀行の外貨口座を保有しSBI 証券で出金先指定口座の登録を完了されたお客様

利用可能通貨(7通貨)

米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドル、南アフリカランド、香港ドル

入金最小単位

最低10通貨単位以上、1/100通貨単位ごと
(例:米ドルの場合 10ドル以上1セント単位)

1回あたり出金最大単位

100万通貨単位:米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドル
1,000万通貨単位:南アフリカランド、香港ドル

SBI 証券、住信SBIネット銀行による外貨入出金サービス開始のお知らせより引用

2018年3月16日までキャンペーン中で無料で外貨購入できます

2018年2月現在、住信SBIネット銀行はキャンペーンで無料で外貨購入できます。キャンペーンは2018年3月16日までです。

住信SBIネット銀行ー外貨預金セール

対象通過は米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド。

yukigu
キャンペーン中に外貨を買っておきましょう…

SBI証券での米国株をお得に購入する方法まとめ

以上をまとめるとSBI証券で簡単かつお得に米国株を購入する方法は以下です。

米国株をお得に購入する方法
  1. 住信SBIネット銀行で米ドルを購入する
  2. SBI証券に米国株を送金
  3. 米国株を買う

米国株は日本と比べて高配当の株が多いです。日本より株主を大切にする文化があります。

私の投資の目標は配当金生活ですので、今の内にインカムゲインを蓄えておこうと思います。インカムゲインを得るのに米国の高配当株を保有するのはかなり合理的と言えます。

まだ米国株はAT&T(配当利回り5%くらい)しか持っていませんが、配当利回りが多い株を今後も少しづつ増やしていこうと思います…。

米国株を買うなら住信SBIネット銀行とSBI証券の口座を持っておく事をオススメします。

yukigu
目指せ配当金生活!
Sponsored Link

関連記事