Zaifではビットコインゴールドがもらえなくて、Coincheckではもらえる。ビットコインゴールドのリスクについて。

仮想通貨取引所Zaifにて2017年10月25日に起こるビットコインゴールドの付与も取引を行わないと発表しました。

次にコインチェックはビットコインゴールド付与を行うと発表しました。

ビットコインゴールドは欲しい人はコインチェックにビットコインを移しておく必要があります。しかしそんなビットコインゴールドですが、リスクも結構あって付与されない事もあるとか。ビットコインゴールドのリスクについてみていきましょう。

 

ビットコインゴールドのリスクとは?

 

ビットコインゴールドにいての懸念点は両社とも以下のような感じ。だいたい同じ事を言っていますね。特にリプレイアタックとマイナーが不十分な事が懸念事項みたいです。

Zaif
リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
・マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

 

CoinCheck
Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合

 

Replay attack(リプレイアタック)のリスクとは?

 

リプレイアタックのリスクはただ1つ。リプレイアタックが成功すると取引所に預けてある仮想通貨が盗まれる可能性が非常に高くなります。コインチェックでは100万円まで盗難補償がありますが、それ以上預けている方は注意が必要です。ハードウォレットにビットコインを移すなどの対策が必要になります。

 

Zaifではハードフォークが起こるブロック高の時点で、各ユーザーの保有資産のスナップショットは保管すると言っていますので、Zaifに預けておけばビットコインゴールドはもらえる可能性は低いですが資産はある程度安全とも言えます。

 

ビットコインゴールドをもらうか資産を守るか

 

つまり攻めの姿勢でコインチェックに預けてビットコインゴールドをもらうか、守りの姿勢でZaifに預けて資産を守るか、といったところでしょうか。

 

ビットコインゴールドの公式では、「リプレイ対策はされています」と発表しているのですが、自分で大丈夫!と言っている人ほど怪しいものです。本当に安全に資産を守りたいならハードウォレットに預けた方が確実ですね。

 

ビットコインゴールドのもらい方

 

コインチェックなどの仮想通貨取引所に預けておくだけ10/25に付与されます。付与される量は1BTC=1BTG。ビットコインキャッシュの時と同じですね。以 下公式情報です。

コインチェックの場合ですと付与係数というものが公式ページにのってますので、もしかしたら1BTC=0.93BTGになるかもしれません。

 

11/19にはSegwit2×というハードフォークが実施されるので要注意。

 

現在60万円以上の価格をつけているビットコインですが、先月までは40万円ほどでした。この20万円の価格を押し上げた最大の要因はビットコインゴールドです。ビットコインキャッシュの時はもらった人はほぼ丸儲けだったので、当然と言えば当然の価格上昇ですよね。

 

しかし11/19に行われるSegwit2×というハードフォークですが結構危険と言われていて、ビットコインの価格が暴落する可能性が高いと言われています。1ヶ月前の40万円くらいは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

 

ビットコインゴールドをもらったらすぐに売り抜けて、ビットコインについても他の仮想通貨に変えるor現金に変えておく方が懸命かもしれません。年末には税金の支払いのために仮想通貨を売る人が増えるとも言われていますので、11月は仮想通貨の正念場かもしれません…。

 

yukigu
ビットコインゴールドをもらったらすぐ撤退が無難かもしれません…



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)