仮想通貨のハードウェアウォレット『LedgerNanoS(レジャーナノエス)』を買ってみた。特徴や購入方法まとめ!

先日コインチェックの盗難騒動があってから、取引所に仮想通貨を預けておくのがこわくなったyukiguです。

私は現在、NEMはハーベストするためにNanoWalletに預けてあるのですが、他の通貨はZaif(ザイフ)取引所に預けている状態ですので、これを機会に自分の仮想通貨をハードウォレットに預けておく事にしました。

いろいろ調査し、Ledger NanoS (レジャーナノエス)というハードウェアウォレットを購入してみました。現在品薄でまだ手元にないですが…。

今回は仮想通貨のハードウォレットLedger NanoS についてご紹介させて頂きます。

Sponsored Link

仮想通貨のハードウォレットとは?

まず前提知識としてハードウェアウォレットの中に仮想通貨は保管されていません。

ハードウェアウォレットはあくまで自分のブロックチェーンの中に存在している自分の口座(ウォレット)を開くために必要な『秘密鍵』を保管するものです。

この『秘密鍵』は超重要で、『秘密鍵』があれば誰でも自分の口座からコイン(仮想通貨)の入手出金など全ての取引ができます。

なんでハードウェアウォレットが必要なのか?

取引所に仮想通貨をあずけているという事は大事な『秘密鍵』を取引所に預けてある状態になります。

つまり取引所の人間に悪意があったり、管理がズサンだったりすれば盗まれてしまったり失くしてしまう危険性があります

 

しかも仮想通貨の世界には基本的に銀行のようにペイオフ制度(倒産しても1000万円まで保証してくれる制度)などがないため、取引所に自分の仮想通貨を預けてる状態で取引が倒産したら、全てなくなります

取引所が倒産したり、仮想通貨が盗難されるのは仮想通貨の世界ではまれにある事なので管理は自分でした方が安全です。

 

ハードウェアウォレットがあれば『秘密鍵』を自分で管理できるので、自分の仮想通貨が盗まれるリスクを極限まで減らす事ができます。

ハードウェアウォレットを盗まれるor壊れたらor失くしたらどうなる?

かろ王
ハードウェアウォレットが壊れたらどーするの?
yukigu
リカバリーフレーズがあれば他のハードウォレットで復元できます!

ハードウェアウォレットはパスワードがないと使用できないようになってます。

しかもそのパスワード入力を複数回間違えるとデータがクリアされるので、ハードウェアウォレット本体が他人に盗まれても問題ありません。

ハードウェアウォレットは初期設定時にリカバリフレーズという24の英単語を生成されるので、このリカバリフレーズがあれば他のハードウェアウォレットでもデータを復元できます。

ハードウェアウォレットの種類

有名どころのハードウェアウォレットはLedger NanoS (レジャーナノエス)とTREZOR(トレザー)です。

それぞれ価格や管理できる仮想通貨に違いがあります。

価格
  • Ledger NanoS (レジャーナノエス)・・・15800円
  • TREZOR(トレザー)・・・17800円
LedgerNanoS(レジャーナノエス)対応通貨
ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ERC20トークン・イーサリアムクラシック(ETC)・ライトコイン(LTC)・ジーキャッシュ(ZEC)・ダッシュ(DASH)・ドージ(DOGE)・バイトボール(GBYTE)・NEOなど
TREZOR(トレザー)対応通貨
ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・イーサリアム(ETH)・ERC20トークン・イーサリアムクラシック(ETC)・ネム(nem/XEM)・モナコイン(Mona)・ライトコイン(LTC)・ジーキャッシュ(ZEC)・ダッシュ(DASH)・ドージ(DOGE)など

 

リップル(XRP)ならLedger NanoS 、ネムorモナコインならTREZORが良いですね。

私の場合、NEMはハーベストのためにNanoWalletに保存しているので、ETHやBCHが保存できて安くて見た目もおしゃれなLedgerNanoSにしました。

ネムコインがタダでもらえるハーベスティングとは?不労所得になりえるハーベスティング。

2017.06.20

LedgerNanoSが買えるところ

LedgerNanoSは日本の正規代理店があるので、そこで購入する事をオススメします。

日本語のマニュアル、操作動画もあるので安心して購入、使用する事ができます。現在人気で品薄になっているので今から頼んでも2月下旬になるそうです。

故障した時のために2個購入するのが望ましいです

\LedgerNanoS日本の正規代理店/


支払い方法はクレジットカード、銀行振込、代金引き換え、仮想通貨払い(ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ダッシュ(DASH))で支払う事が可能です。

ちなみに間違ってもメルカリやヤフオクで購入しないようにウイルスでも仕込まれてたら資産が盗まれる危険性があります。

取引所保管からハードウォレット保管へ

LedgerNanoSのまとめ
  • 取引所保管は危ない。ハードウェアウォレット保管は安全。
  • 正規代理店で購入するのが安全。値段は15800円ほど。
  • 本体が盗まれても心配なし。

家にLedger NanoS が届いたらまたレビュー記事を買いてみたいと思います。

また取引所の盗難被害が起きる可能性もありますので、仮想通貨はちゃんとハードウェアウォレットに保存した方が良いですね。15800円で安全が買えるなら安いもんです。

取引所に仮想通貨を預けっぱなしの方はハードウェアウォレットを利用してみては?

かろ王
15800円で買える安心…
yukigu
ハードウェアウォレットを利用してみよう!
Sponsored Link

関連記事